banaasa.gif
Kaiyo56noPage 2016年06月
2016年06月 - Kaiyo56noPage

めいわくのなかみ

meinyango5.jpg

ここまで来ました(唐突)

写真だとこれまでお見せしてきたサンプルと変わらないかも?

もっと厚い紙を使っていますし、サイズも大きいんです。

えーっと。。。 製本作業、ちょっと失敗していて落ち込んでいます。


meinyango4.jpg

定規もカッターマットも、今回のために買っちゃいました♪

(カッターは、ねぷたのときに買ったものを使用)


meinyango6.jpg

こうね、紙の端を切り落とすんですよ。 バッサリと。

それが、こう… 直角×直線とはいかず、くやしい思いをしています。

もっと言えば、印刷の段階でも、プリンターの都合ですこし汚れてしまったし、

紙を糸で縫って綴じるときに、こすれて色がはげてしまったところもあるし、

なんというか… こんなはずではなかった! という思いがあります。

(完成したら忘れるかな?)


本の中身、ページの部分はこれにて完成。 途中経過は撮影する余裕なし。

このあと、ハードカバーをつける、というこれまでにない作業に入ります。

できるか心配ですが、いや、なにかしらできるけど、美しく整った形で完成

するのか不安です。 こういうことは、腹をくくって一気に大胆にいったほうが

いいような気もしますし、慎重にていねいにやったほうがいいような気もします。

私も、不器用ではないのですが、そこまで器用でもないようで、

うむ。。。 1ミリのくるいもないものはできす、むむむっと思っています。

(理想が高いのかな?)


そうそう、ハードカバーの表紙は、お伝えしている通りですが、

裏の絵を描いていませんでした。 裏までが物語ですから、

これも、それなりに凝ったものにしないといけません。

どうしようかな~ ということで、それを描いてからハードカバーの

制作に入ります。 ハードカバーの材料となるボール紙は、先日、

某・大型文具書店購入済です。 小雨のなか、自転車で行ってきました。


ついでに、絵本もいろいろ見て勉強してきました。

趣向をこらした絵本が実にさまざまあり、ため息が出そうでした。

と、そんななか、世界中で知らない人はいないだろうというキャラクターの

絵本を見つけ、なかを開きました。 すると、おどろくほどシンプル。

子どもがよろこぶもの… 欲(このくらい絵を描けますとか、こう育ってほしいとか)

を捨てて、うーんと、うまく言えない、自分が子どものころを思い出すとか、

子どもの目線で考えるとか、そういったことでもなくて、ただ子どもの読む

「絵本」というものは、まったく別の特別で独特の世界を持っているな、と

思ったのでした。 それが自分にできるかどうか。 

絵本を描いて、子どもに見てもらって、反応を知って、またちがう絵本を描いて。。。

そのくりかえしのなかで、「わかること」なのかな、と思いました。

こうして形にできる時点で、才能が0ではありません。

届くかどうかわからないけど、描きたいし、描けるんだし、描きます。


さて、追記には、今回も自炊コーナーを。

zogh1.jpg
   

続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

kaiyo56

Author:kaiyo56
絵を描いたり、雑貨を作ったり。
ピンクのあさあさ、青ばななの
みーたんとゆるゆる暮らし♪

FC2カウンター

こちらもどーぞ♪

検索フォーム

QRコード

QRコード