banaasa.gif
Kaiyo56noPage クリスマスの絵
クリスマスの絵 - Kaiyo56noPage

クリスマスの絵

keki1.jpg


既出ですが…

このクリスマスの絵は、私にとって大事な意味がある1枚なので

今年ももう終わりますし、その気持ちを書きます。
   
   
私は、ずーっと絵を描き続けているわけですが…

「漫画っぽい」とか「イラストだね」とか言われることが

たびたびあります。

ここで出てくる漫画やイラストは、

その道の優れた作品を指すのではなく、「絵画」のレベルにない、

つまりは芸術ではない、という意味だと解釈しています。


そう言われるのが、やっぱり嫌でした。私の描く絵は、

平面的で、輪郭線があって、

のっぺりしていて、素朴で単純で。

絵画となれば、陰影があって、輪郭線はひかない、

そういうものなのかな、と思います。

それで、輪郭線をあまりひかずに絵を描いてみたり

したんですが、絵に力が出なくてしっくりこなくて。

そんな折り、近所の美術館で開催されている

日本画展を見に行ったところ、

「輪郭線が大事」という説明文を見つけました。

(師の教え、というような内容だったかと。明治時代かな。

今は輪郭線ない日本画もある)


輪郭線をひき、陰影を強くつけずに塗る、

それって、日本古来から伝わる方法。

たとえば、

『鳥獣人物戯画』は、線が生き生きとしていて

見ていて美しい。

輪郭線があるからいけないわけではなく、私の輪郭線の

ひき方がいけない。もっともっときれいにひけばいい。

そう思ってからは、思いを込めて(今までもそうだったけどね)

ていねいに輪郭線をひくことを心がけています。


で、この絵。

太めの輪郭線って、途切れ途切れや、

抑揚を強くつける線より、疲れます。。。意外に。

あさあさのとこの輪郭線がきれいにひけたなあって思っています。

ピンクもきれいに塗れているし。


で、何がどうかと言うと、

ピンクを塗っては集中が切れて休み、

輪郭線を1、2本ひいては休み、そんな思いで私は描いて

いるんだなと。

人から鼻で笑われるような、評価するに足りない絵だとしても、私は

一生懸命、描いているし、それはなんら恥じることではないし、

むしろ誇りに思ってもいいくらいだと。

だから、自分の絵に自信を持って描いていこうと思いました。

もやもやが晴れました。


keki2.jpg

keki3.jpg

keki4.jpg



でもね、

「仕事がていねい」って言われたことがあります。

ぎくっとしました。

「かわいい」とか「癒される」とか、そういうありきたりな

とりあえずのほめ言葉じゃなくて、(私はこの手の

ほめ言葉を信じていません、冷たいかな?)

ちゃんと見られてるな、って思った。

だって、その通りだもん。ていねいに塗りこんでるもん。

輪郭線だってきれいにひこうと意識しているもん。

それはずっとずっとやってきたこと。

ムラやはみだしがあると、自分がきもちわるいから。

その言葉って、私の絵のなんとなくを見て

言った言葉じゃないってわかる。

ちなみに、

その方は、職業柄、たくさんの種類の絵を見ている方です。

こういう方がいると、ちゃんとしなきゃ!!(手を抜いたらばれるぞ)

って思えて、いいなあ、ありがたいなあって思います。


この先も、私は私のやり方で描いていきます。

自分の手と心で描いていく。ていねいに、真面目に。
   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kaiyo56

Author:kaiyo56
絵を描いたり、雑貨を作ったり。
ピンクのあさあさ、青ばななの
みーたんとゆるゆる暮らし♪

FC2カウンター

こちらもどーぞ♪

検索フォーム

QRコード

QRコード