banaasa.gif
Kaiyo56noPage もう どこにもない場所
もう どこにもない場所 - Kaiyo56noPage

もう どこにもない場所

はまちょうウェブなおし


いろりが あって

鉄瓶が かけられて

冬には 炭が くべられて

ぽかぽか あったか


おそばも

うどんも

ラーメンまであって

どんぶりもおいしくて

ほんとに いいお店でした



お店の方が、ご高齢でしたので

いつそうなってもおかしくない状態だったんですが、

まさかほんとうに閉店してしまうなんて。

残念でなりません。

ふつうにテーブルとイスが並ぶ席に、小上がり、

2階の広間もあるそうなんですが、私はいろりのある

半個室のような、この空間がとても好きで、

お店に行くと、いつもここに入っていました。

描けていませんが、棚にはふる~い雑貨が飾られていて。

それがなんだったかもよく覚えていないんですが、

ばあちゃんちのような心地よさのあるお店でした。


はまちょうウェブ2

はまちょうウェブ3


実は、なくなるなんて思ってもないし、

このお部屋の写真を撮っていなかったんです。

(おそばのアップの写真は撮っていました)

画像検索でさがしても、出てくるのは

名物の元祖・旭川ラーメンの写真ばかり。

やっとこ、某個人さまのブログで、

おそばの背景程度に、このお部屋の様子が見えて。

それを参考にしつつ、わからない部分は

記憶と想像で補って描きました。

きっと、実際とはちょっと違っていますが、

このなつかしいような、あたたかな雰囲気が

伝わればなあ、と思います。



おまけのお話も↓
   
   
閉店の張り紙を見た数日後、

なんとなく気になってお店の前に行ってみたら、

おそらく、専門の業者さんが

中の椅子やテーブルを外に出していました。

「閉店しちゃったんですね~」と声を掛けると、

「建物も壊しちゃうみたいね」とのお返事。

「ああ、そうなんですね」なんて言いながら、

こっそり店内を覗いてきました。

もう電気もつけられない状態になっていて

店内は自然光がうすく入るのみでほとんどまっ暗。



PAP_0233.jpg
ここがいろりのあった部屋。
壁の張り紙も、椅子も撤去されていました。
このテーブルだけは、取り外せず残されていたようです。

PAP_0230_20150701190959485.jpg
内庭。
あとで知ったんですが、これは梅の木で
毎年、春には花を咲かせていたそうです。


かなしい気持ちでいっぱいになったんですが、

今回の話には続きがあります
   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kaiyo56

Author:kaiyo56
絵を描いたり、雑貨を作ったり。
ピンクのあさあさ、青ばななの
みーたんとゆるゆる暮らし♪

FC2カウンター

こちらもどーぞ♪

検索フォーム

QRコード

QRコード