banaasa.gif
Kaiyo56noPage ヴィットリオ・コスタンティーニの世界②
ヴィットリオ・コスタンティーニの世界② - Kaiyo56noPage

ヴィットリオ・コスタンティーニの世界②

まだまだ画像がありましたのでね。


otgs3.jpg

鳥のむねは、ぼかしを使いました。
先に、画用紙に水を塗っておいて、絵の具を乗せる方法です。
慣れてくると、なんとなくコントロールできるようになってきた気がします。
が、乾くと、わりと単調になったりします。
やっとこ、色を強く乗せられるようになってきたように思います。


otgs4.jpg

筆の跡が残る塗り方(美大出てる人が得意なやつ←イメージ)の
習得を目指しています。なめらかに塗るよりもむずかしい。
いい作品を見て、たくさん描けば、なんとなくできてくるのかもしれない。
これも単調になりがち。うまい人は、重なる色、すべてが違う色に見える。


複雑でありながら、まとまっている、
そういう絵って、うまい絵って言われる気がします。
そこも目指したい。いろいろ描けるようになりたいわ。


今回、クワガタ(アップ画像ないね)が
一番、上手に描けたと思いますが、それは、
これまで、私はクワガタに興味を持ったことがなく、
写真をしっかり見て、なにがどうなっているかを
ちゃんと確認して、頭に入れて描くことができたためだと
思います。
一方、鳥なんかは、元々好きですから、
こうでしょーと、いつも通りのやり方で描きがちです。
もっと、ちゃんと確認すべきでしたわ。

ガラスの、かたくて、光沢のあるつややかな質感と
昆虫との相性がよい、というのもあるかも知れません。



otgs1.jpg

A4サイズです。


otgs2.jpg

魚の切り抜き。


かわいいかと思ったら、そんなことはなかった…
ちなみに、この絵では、尾びれが下がっていますが、
実際は上がっています。クワガタにぶつからないよう、
下げて描きました。ぜんぶ描き直すのめんどうで、
尾びれだけ直すというね…
魚(ガラス)も、自立しています。いやもう、とんでもないよね。

魚の切り抜きは、
しおりとして、知人に送りつける予定です。
お・た・の・し・み・に
   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン フィッシュ

共有 ビットリオ・コスタンティーニ フィギュリン フィッシュ ( Vittorio Costantini Figurine Fish ) イタリア、ヴェネチアの、ランプワークの巨匠、ビットリオ・コスタンティーニ ( Vittorio Costantini ) による、フィッシュのフィギュリンを幾つかご紹介します。 本物と見間違うほどの、溜息が出るほどの、精緻でリアルな造形・意匠です。 ランプ...

プロフィール

kaiyo56

Author:kaiyo56
絵を描いたり、雑貨を作ったり。
ピンクのあさあさ、青ばななの
みーたんとゆるゆる暮らし♪

FC2カウンター

こちらもどーぞ♪

検索フォーム

QRコード

QRコード