banaasa.gif
Kaiyo56noPage 全日本ツアー②
全日本ツアー② - Kaiyo56noPage

全日本ツアー②

いよいよ決戦の日曜日!!


mak13.jpg
明の月(いまは冬)

mak19.jpg
おそらく朝焼けの街


テレビ搭が中央に見えます。

きっと、いい演技をしてくれる、そんな予感がします。

それ以上に引越しは…の看板が目立っていますが。


mak14.jpg
朝ごはん♪


昨日の鳥料理のお店で。

これが好きで、このホテルに泊まりました(2回目)

前回は鶏飯、今回は和定食。どちらもおいしかった。

交通の混雑も考えて、かなり早めに出発しました。

地下鉄に乗る前に、真駒内には食事を買うにもすごく

行列しているとのことなので、スーパーで買い出ししました。


えーっと、予想に反して人の流れはかなりスムーズ。

真駒内駅には、早すぎるくらいに早く到着してしまいました。

駅構内をうろうろしたあとは、大人しくベンチで待機。

小1時間待つと、ダウンコート姿のご婦人が増え始め、

外に出ると、アリーナ行きのシャトルバスが並んでいました。



mak15.jpg
無事に真駒内アイスアリーナに到着♪


私、中学生のとき、ここで演奏したことがあるんですよ。

それはさておき、流れ作業の手荷物検査を終え、座席へ。

女子シングルの最終グループの公式練習を見学できてしまうと

いうラッキーに、朝早く起きてよかったなあ、と思ったものです。


すばらしい演技を堪能し、世界選手権の代表発表のセレモニーを

待ちます。お目当ては、母に生はにゅーさんをお見せすることです。

今回は、体調不良でお休みすることもなく、元気にやってきてくれて

本当によかったです。私の親孝行も、これで完璧ってなもんです。

欲を言えば、Japanジャージじゃなくて、SEIMEIの衣装で来てほしかった

けどね。いつかは、演技しているところも見せられると良いなあ。

(去年は、みなさん衣装でしたね。まちだ氏も美しい第九衣装でした)


帰りは、案の定、混み混みで、シャトルバスを待つ長蛇の列が。

次から次へとバスが来ても追いつかない有様。雪も降ってきましたが、

今日の出来事のあれこれを振り返っているうちに時間は過ぎ去りました。


mak20.jpg
おみやげもたくさん買えたよ♪

mak16.jpg
念願のアイリングッズも(手袋ははにゅーさんと色違い)


テレビのニュースで、選手たちが映っているのを見ると、

あそこに自分もいたんだなんてウソのよう。興奮さめやらぬと思いきや、

疲れていたのか、わりとあっさり眠れました。

次の日は、仕事納めで会社に行かねばならず早起きの予定。


で、次の日。

朝ごはんも食べず駅に向かうと…

mak22.jpg



つづく
   
   
朝一の、札幌―稚内間の列車で帰る予定をしていたのですが、

まさかの途中で事故が起きており、深川―旭川間が不通に。

深川行き(深川どまり)の臨時特急に代わっていました。

深川から旭川まではバスの代行が出ているとのこと。

それでも、あらまあ、どうなるのかしら、と不安な気持ちがありました。

mak23.jpg
しかも指定券が無効になっていた…


グリーン車以外は全席、自由席になっていたんです。

が、タイミングよく自由席に座ることができました。

立ち乗りの人も多く、車内は混雑していました。

途中、吹雪で見通しがわるいため、減速して走行するとの

アナウンスも。職場に電話で連絡して、仕事をお願いしたり。

話せる人がいてよかった…

結局、30分以上遅れて、深川に到着しました。

mak17.jpg
深川近くは晴れていました



深川駅に着くと、そこで全員降ろされ、JRが用意した

大型バスへと誘導されます。社員さんもいっぱい。昨日のシャトルバス

待ちぐらいの混雑ぶりでしたが、とくに混乱もなく、無事にバスに乗る

ことができました。そこから旭川までは、高速道路で向かいます。

高速と言っても、路面凍結で50kmの速度規制でした。

mak21.jpg
深川駅前のようす

mak24.jpg
バスの一番前に座っちゃった

mak18.jpg
うーん、冬景色


9時15分に旭川駅に到着予定が、実際に着いたのは

10時半過ぎだったかな。特にいそぐわけでもないので、私は

問題なかったのですが。 ←おいおい仕事は?

切符の払い戻しをし、(急行料金と、指定券の半額が戻りました、

えー指定券一切使ってないのに半額なのかあ)、

母が乗る列車を確認し、(旭川以降は、普通列車に乗ってとのこと)

私は払い戻しのお金でタクシーに乗って家に帰りました。

ちょっと休んでから仕事に行きたかったのですが、タクシー車内から

会社と、電気のついている窓が見えたので、荷物を置いてすぐに

向かいました。電話の相手がいてくれて、安心しました。

こういうとき、誰もいなかったら、さみしいですもんね。


当日の朝刊を見ると、一面にこの事故のことが載っていました。

仕事納めの挨拶を受け、午後からはひとりで仕事をこなし帰りました。

いろいろあって大変だったんですが、こういうのって、ちょっとおもしろいな

って思っちゃいます。行きのリゾート列車に始まり、臨時特急と、なかなか

乗れない列車に乗った旅でした。そして、それ以上に心に残る、

素晴らしい演技の数々。心に刻んで、私もがんばろうと思います
   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kaiyo56

Author:kaiyo56
絵を描いたり、雑貨を作ったり。
ピンクのあさあさ、青ばななの
みーたんとゆるゆる暮らし♪

FC2カウンター

こちらもどーぞ♪

検索フォーム

QRコード

QRコード