banaasa.gif
Kaiyo56noPage 八幡馬ねぷた 書き割り!
八幡馬ねぷた 書き割り! - Kaiyo56noPage

八幡馬ねぷた 書き割り!

八幡馬ねぷた

書き割り作業に突入です!


4月11日

yawau15.jpg

yawau16.jpg


金曜の夜、一気に書き上げました。

紙貼りは、自分が機械になったかのように、針金に沿って紙を切り、

紙を貼り、その紙との重なりを一定に保つようにまた紙を貼り…

個性を押し殺して黙々と終わるまで貼り続ける作業です。


一方、書き割りは、まっしろな土台に墨で線を入れる、

作品の表情、良し悪しを決める重要な作業であります。

これによって、のぺーっとしていた白いかたまりに命が吹き込まれます。

慎重になりすぎると線を引けないので大胆に、

かつ繊細さを忘れずに、迷いながらも書き上げました。


つい、私は単調な線を引きたくなるのですが、

あえて、ザザザっとかすれた線を引いたりしました。

遠くから見るとふつうの線なのですが、近くで見ると勢いがある。

そんな線を試し試し引いていきました。

(本番で練習するタイプ、というか事前練習しないタイプというか…

こういうタイプは伸びないらしいので真似しないように)



kamih9.jpg

たてがみ部分。

ねぶたっぽいでしょ?

これは、人形ねぶたの髪を参考にしました。


nebukami.jpg

↑参考例

本物を出すと、とたんに自分の作品が安っぽくなって困ります。

本物は、黒い線だけで書いているようですが、今回は、

ハケで薄墨を何回か重ねたあと、小筆に墨をつけてシャッシャッと書きました。

書けるかわからないヒリヒリ感が案外好きです。


八幡馬は、木を彫って馬の形をつくった後、

色を塗ったり、布(テープ?)を貼ったりして飾りつけます。

その飾りを目立たせるため、かわった骨組みをしました。

そして、その飾りの輪郭となるように墨をのせています。

ねらいどおりに出来てきている、多少の手ごたえは出てきました!


と、書いているのは、もうロウ書きまで終わっているから。

次回は、その様子を。

がらっと変わります!たぶん。
   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kaiyo56

Author:kaiyo56
絵を描いたり、雑貨を作ったり。
ピンクのあさあさ、青ばななの
みーたんとゆるゆる暮らし♪

FC2カウンター

こちらもどーぞ♪

検索フォーム

QRコード

QRコード